ダイエットの基礎知識

炭水化物とダイエットの基礎知識

炭水化物の量を減らすダイエット方法が一時話題を集めました。このダイエットはご飯やパンなどの炭水化物の量を減らすだけで、カロリーを気にせず、お肉も好きなだけ食べてもよいダイエット方法です。ここでは炭水化物とダイエットに関する基礎知識をまとめました。
人間が食事から摂るエネルギー源には炭水化物、たんぱく質、脂質の3つがあり、3つの中で最も消化がよく、体に吸収されやすいのが炭水化物です。
炭水化物は体内へ入ると糖に変わり血糖値が上がります。血糖値が上がるとインシュリンが分泌されて、血中の糖分を細胞に取り込んで血糖値を下げようとします。そのため炭水化物を摂り過ぎると脂肪がつきやすくなります。
炭水化物の量が少ないと、体の脂肪を分解してエネルギー源とします。その結果、基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい状態になります。
しかし炭水化物から作られる糖分は健康維持に欠かせない要素です。糖が不足すると脳の働きが悪くなり、イライラしやすくなります。肝臓にも負担がかかり、最悪の場合昏睡状態を引き起こすこともあります。
もともと肉食のアメリカで考案された低炭水化物ダイエットは、日本人の体質には合っていないという指摘もあります。炭水化物を減らすダイエットでは食品の選び方が重要です。白米や食パンの代わりに、玄米や雑穀米、全粒粉のパンなど、血糖値の上昇が緩やかな食品に置き換えることがポイントです。
炭水化物を減らすダイエットは、基礎知識をもとに体調と相談しながら無理なく行うことが大切です。

«  炭水化物とダイエットの基礎知識 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi